体質改善 妊活

「おりもの」から読み取れる【妊活】

はじめに

自分の「おりもの」の量や性状について、真剣に観察したことがある方はどのくらいいるのでしょうか?

 

恐らく、多くの方が「おりもの」に対するイメージは、

  • 下着が汚れる
  • 臭いが気になる
  • 生理ナプキン以外におりものシートを付けるのが煩わしい

といったものでしょう。

「量が少ない方がいいのにな」と思っている人も多いと思います。

 

ですが、「おりもの」の量と女性ホルモンの分泌量は比例しており、「おりもの」を観察することは妊活にとって大切なことなのです!

今回はこの「おりもの」について、その働きと妊活においての何が読み取れるのかを詳しくお話していきます。

 

「おりもの」って何?

「おりもの」は子宮、膣、汗腺からの分泌物が混じりあった粘性のある液体のことです。女性のカラダの中からおりてくるものなので「おりもの」と言われています。

 

「おりもの」はカラダからのサイン

女性のカラダは、女性ホルモンの影響を受けて一定周期で変化を繰り返します。生理周期があるように「おりもの」にも周期があり、その周期によって「おりもの」の量や色が変わってきます。

 

おりものの量と状態

「おりもの」は女性ホルモンと密接な関係があるので、生理周期に合わせて色や粘度、量が変わります。

一般的に生理中は殆ど出ませんが、それから排卵期に向けて半透明の粘り気のある❝おりもの❞が出はじめて少しずつ増えていきます。

排卵期には❝おりもの❞の量がいちばん多くなり、排卵日が近づくにつれて性状は透明でサラサラになり、排卵直前には白く濁ったゼリーのような糸を引く粘り気のある❝おりもの❞へと変わっていきます。

排卵期が過ぎると白く濁ったまま、粘り気が無くなり、だんだん量も減っていき、少々臭いが気になる場合もあります。

 

妊娠した場合には、排卵期を過ぎてだんだんと減っていくはずのおりものが減らずに、そのまま出続けることが多いので、これも妊娠しているひとつの兆候になります。

排卵検査薬を使うよりも、❝おりもの❞を観察するほうが排卵日を特定しやすいですよ♪

 

「おりもの」の働き

子宮内の汚れ(老廃物)を流したり、逆に菌が子宮内に侵入するのを防ぐ。

⇒ 子宮は赤ちゃんを育てる大切な場所です。この中にばい菌でも入ってきては、赤ちゃんを育てるにあたりとんでもない不都合が起こります。

それを防いで常に安全できれいな場所でいられるように保つ働きがあります

排卵期には精子を受け入れやすくする

⇒ 熱に弱い精子にとって、卵管膨大部にたどり着くまでの子宮の中はまるで砂漠です。

その灼熱の砂漠の中をどうやって泳ぎ切るかというと、「おりもの」というオアシスにもぐって熱さをしのぎ泳ぎ続けるのです。

つまりこの「おりもの」が少ないと、川が干ばつで干上がり、カラカラの地面の上を「さぁ、およげ!!」と言われているのと同じことなので、泳ぎきるなんて言うことは、まず不可能です。

 

 

「おりもの」に関するQ&A

「おりもの」の量

「おりもの」の量は、女性ホルモンの量に比例するということは、「おりもの」の量は多い方がいいの?
はい、その通りです。ただ、量が多いのは良いですが、性状に異常がある場合は、注意が必要です。
fuu

 

例えば、量は多いけど常に水っぽくておりものシートが手放せないというのは、完全に身体が冷えている状態です。またホルモンバランスが崩れてしまっている場合もあります。

粘り気が強い、白いカスカスのものだったり、臭いがきつい場合も何か異常があると考えましょう。

 

排卵日が近くなってきたのに「おりもの」が殆ど出ていない気がするけど、大丈夫なの?
あまりいい状態ではありません。不妊治療をされている方は病院で女性ホルモンのチェックを受けていると思いますが、病院でチェックを受けていない方は、一度、病院でホルモン値の確認をしたほうがいいでしょう。
fuu

 

それ以外にセルフケアで改善が見込める点は、自律神経を整えるためのケアです。

 

  • 身体を温めて血流をよくすること
  • 水分補給をしっかりして、老廃物をきちんと流して出すこと
  • 早寝を習慣にし、適度な運動を取り入れるなどして生活習慣を整えること
  • バランスの良い食生活をすること
  • ストレスをためないこと

生活習慣を整えることほど、ホルモンバランスを整えるのに効果的な方法はありません。

しかもお金をかけずに、自分の努力と意志で誰でもできる方法なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか♪

 

まとめ

今まで煩わしいと思っていた❝おりもの❞が、実は自分の女性としての機能を教えてくれる、大切なバロメーターだったことに気付かれた方も多いと思います。

妊娠を望んでいる場合、土台となる身体が健康であることが絶対条件です。

その上で女性ホルモンが正常に分泌していること、それに伴い子宮卵巣が正常に機能していることが大切です。

病院で体の隅々まで検査することがいちばんですが、それでも分からないこともあれば、それだでは足りないこともあります。

そしてホルモン剤やビタミン剤を飲むよりも、もしくはそれと併用することで身体に負担をかけずに効果的に健康な状態へと身体を導いていく方法があります。

≪妊娠しやすい身体づくり≫、それは自分の身体の声にひとつひとつ耳を傾けて、それに対応していく地道で少し時間がかかりますが、実はいちばん近道で身体に優しい妊活法なのです。

 

毎日の❝おりもの❞を観察することも、そのひとつです♪

 

おりものを観察することは妊活さんはもちろん、閉経を気にされている方やそもそも女性ホルモンが整っているのかと気にされている、すべての女性におすすめ致します。

 

-体質改善, 妊活
-, ,

Copyright© よもぎ&ハーブ蒸し・足つぼサロン fuu... , 2020 All Rights Reserved.