よもぎ蒸し 妊活

妊活さんにお薦めしたいよもぎ蒸しと施術のタイミング🍂

こんにちは。

先日、サロンにお越しいただいたお客様から、こんな質問をいただきました。

「妊活をする上でよもぎ蒸しをするタイミングってあるんですか?」

今回は、妊活中のよもぎ蒸しのタイミングについてお話してみたいと思います。

よもぎ蒸しの理想的なタイミングはいつ?

生理最終日当たり、その後判定日(次の生理予定日)まで週に1度のペースで通われたら理想です。

※よもぎ蒸しをするタイミングは生理初日から判定日までいつでもできます。

 

 

生理初日に蒸す効果

生理初日によもぎ蒸しを行うことで、以下のような効果を期待できます。

  • 生理初日に新しい卵胞が作られ始めるので、質のいい卵子を育てられる
  • 子宮を温めることで内膜がきれいにはがれるため、生理痛が緩和される
  • 出血が子宮内に停滞することなく流れやすくなる

生理最終日に蒸す効果

  • 子宮内に残っている内膜、血液、粘液などが排出されやすくなる(子宮のお掃除効果)
  • 新しい内膜がきれいな環境で元気に育つ

排卵日以降に蒸す効果

  • 低温期に体を冷やさないようにしっかり温めて体全体の巡りをよくする
  • 高温期には基礎体温がそもそも低い場合には体を温める効果もあるが、体全体の血液の巡りをよくする
  • 受精卵が着床しやすいように、温かくてふかふかの内膜を作っておく
  • 免疫力を上げて病気知らずの元気な体でいるため

安静を要する時期とは妊娠初期と言われる判定日以降です。それまでは、できる限り子宮や卵巣を冷やさずに、血液の巡りを良くして、卵巣や子宮に栄養をしっかりと送り続けることが大切です。

判定日を過ぎても生理が来ない場合は念のためよもぎ蒸しや施術はお休みをして頂いております。

よもぎ蒸しと一緒に受けたいオススメの施術

よもぎ蒸しと一緒に行うことで、より子宮環境が整ったり、質のいい卵子が育つお手伝いができたりすると言われている施術があります。

足つぼ

臓器一つひとつに刺激を与えて、元気に働くように促します。特に子宮や卵巣、卵管を念入りに刺激し循環を促すマッサージをすることで、質のいい卵子を作ったり、生理不順やだらだら続く経血をすっきり止めたり、妊娠に大敵な便秘を改善させたりする効果もあるためお勧めです。

骨盤調整

女性の骨盤は生理のたびに少しずつですが開閉しています。さらに日々の生活習慣や姿勢、出産の有無によっても骨盤は徐々にゆがんだり開いていきます。その結果、重力により、体の上のほうにある臓器が徐々に下垂してきて、一番下にある子宮や卵巣を圧迫する原因になると言われています。骨盤を調整することで、臓器を定位置に誘導し、圧迫による子宮や卵巣の血流障害や冷えやむくみを改善・防止する効果を期待できます。

腸セラピー

妊娠に大敵な便秘。体が冷えていると便秘になりやすく、便がたまっていると、腸に生ごみがあるのと同じ状態です。ガスが充満して、腸が浮腫み、血流も悪くなり、ますます冷えて働きが悪くなります。その隣にあるのが子宮や卵巣です。ミカン箱と同じで、傷んだミカンの横にあるみかんが傷んでくるように、弱った腸の横にある子宮や卵巣も冷えて働きが弱ってきます。

この便秘を解消することで、血行不良からくる冷えの改善や老廃物を除去して、温かくて柔らかいお腹で新しい卵子が育つように、リラクゼーション効果抜群のソフトタッチなマッサージで促していきます。

施術を受ける理想的なタイミングと頻度

  • 生理初日:よもぎ蒸し+足つぼ
  • 生理最終日~:よもぎ蒸し+足つぼ+骨盤調整+腸セラピー
  • 判定日まで:よもぎ蒸し+骨盤調整+腸セラピーorよもぎ蒸し+足つぼorよもぎ蒸し

※妊活さんの場合は、よもぎ蒸しと足つぼ(60分)をセットで行うことをお勧めしております。

この二つをセットで行うことのメリットは、子宮内環境の改善して着床しやすくすることと、質のいい卵子を育てるのに、とても効果的だと言われているためです。

※生理最終日は開いた骨盤が元の位置に戻ってくるため、このタイミングで骨盤調整を取り入れると、体に無理な負担をかけることなく自然に誘導してあげられます♪

※判定日までの1~2回骨盤調整と腸セラピーを取り入れることで、腸内環境を整えたり血流を良くして、卵子が育ちやすい温かくて柔らかいお腹に導きます。またお腹のマッサージはリラクゼーション効果がとっても高いので、妊活に一番大切と言われている癒しやリラックスができるのも魅力のひとつです。

ここまでは、まだ治療をされていない、もしくは初期段階のタイミングをとっている方の通い方です。

体外受精をされている方のよもぎ蒸しや施術の取り入れ方

採卵まではタイミングを取られている方と基本的には同じ通い方、頻度と同じです。

採卵後は1週間ほど体を休めてから、問題がないようでしたらまたよもぎ蒸しや施術を受けられます。

移植をされる方は、移植の2~3日前までよもぎ蒸しや施術を受け、判定日まではお休みです。

 

よもぎ蒸しや施術はコンスタントに取り入れることが最も重要だと言われています。

  • 血のめぐりが良くなり、子宮や卵巣に十分な栄養が届けられる
  • 体の温まりが早い
  • 基礎体温が上昇し安定する
  • ホルモンバランスが整い、基礎体温が2層になってくる
  • 生理不順が治り、生理痛や気怠さが改善した

などと、体調や子宮内環境が改善するのが早く実感できるとは思います。

 

✿お一人お一人に合わせた無理のない通い方を提案させていただきますので、安心してお問い合わせください。

-よもぎ蒸し, 妊活
-, ,

Copyright© よもぎ&ハーブ蒸し・足つぼサロン fuu... , 2020 All Rights Reserved.